2022年9月米国CPIの発表により高騰する商品

投資全般

2022年9月13日米国CPI(消費者物価指数)が発表されました。

2022年8月のCPIは予想を上回る前年比8.3%

2022年8月のCPI(消費者物価指数)は予想8.1%に対し8.3%であった。原油価格は下がっていたし、予想よりもCPIは低下しているのではとの期待があり、発表前の4日間は株価が上昇しており、CPIの発表を受けて高騰するのではとの予想もされていたなかで、まさかの予想よりも高い数値であった。インフレの高止まりによる利上げ懸念で、NYダウは今年最大の下げ幅を記録した。

CPI(消費者物価指数):
衣料や食料品など約200項目の品目の価格の変化を調査して指数化したもので、米国国民の生活水準を示す指標のひとつで、インフレ率を分析するための最重要指標。

消費者物価指数コア:
消費者物価指数の中から、変動の激しいエネルギー関連数値や食料品目を取り除いたもの

2022年8月の前年比のCPI(消費者物価指数)は、8.3%、消費者物価指数コアは、6.3%であった。2022年7月のCPIは8.5%であり、8月は7月よりも低下したが、予想よりも高く、インフレが高止まりしているとの見解。消費者物価指数コアは、2022年7月は5.9%に対し8月は6.3%と上昇した。変動の激しいエネルギーや食料を除いたコアが上昇しているということは、原油高から始まったインフレが、その他の品目でもインフレになっているということ。

CPIの推移

CPIを受けて高騰する株

○国際のETF VIX短期先物指数 (1552)

この商品をご存知でしょうか。三菱UFJ国際が管理している商品で、米ドルベースの「S&P500 VIX短期先物指数(トータル・リターン指数)」を円換算した対象指数に連動する商品。つまり、S&P500・VIX指数が上昇すれば、この商品の価格が上昇し、VIX指数が下落すれば、商品の価格も下落するというものである。
国際のETF VIX短期先物指数 | 東証マネ部! (money-bu-jpx.com)

短期売買を目的とするものであり、長期的には下落する傾向のある商品です。私は短期売買はやらないのですが、今年に限っては、投資妙味があると思っています。チャートをみていただくと分かるとおり、2ヶ月くらいの間隔で上下を繰り返しています。金融緩和、戦争と不安定な相場では、VIX(恐怖指数)は変動します。現在、低い価格となっているので、ここ1~2ヶ月間で高騰が期待できるかと思っています。お小遣い稼ぎになるかもしれません。昨日のCPI発表を受け、早速PTSが高騰しています。

私は2032で購入していて、しばらく含み損をかかえていたのですが、含み益が出るかと期待しています。

短期商品ではありますが、検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました