2022年6月 今投資するなら何が良いか

投資全般

 2020年~2021年のコロナバブル。コロナによる景気後退を防止するため、未曾有の金融緩和が行われ、株式、仮想通貨、金、何に投資しても儲かるようなお祭り騒ぎ。それが、2022年に入り一変、当初2023年に予定されていた金融引き締めが早まり、2022年から利上げ、バランスシートの縮小(QT)が行われている。株式、仮想通貨、リート等、ほとんどの資産クラスが下げに転じ、この下落トレンドは長く続くことも予想されており、2023年~2024年頃には米国がリセッション入りすることも囁かれている。
 このような状態の中、何を買えば良いのか、積立は続けるべきなのか、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。筆者は、NISA口座を開設しているが、2022年早々に大きな調整があり、その後のリバウンドでNISA口座を始め、半分以上の株式を売却し、積立もストップした。本来積立は、どんな相場であっても淡々と積立るものであるが、色々分析していると、今回のように、あらかじめ暴落が宣言されているような特別な状態(金融引き締め)であっても、売却するべきではないのか、それとも、暴落が予想されるのであれば、売却すべきか迷った末、暴落すると思っているのにも関わらず、何も対処しないということに後悔しそうであったため、保有株式の半分を売却することとした。
 現在、2020年時に購入した日本株式(高配当株)、先進国REAT、金、BTC、ETHを保有中である。下落相場の中でどのような戦略を立てるか検討する。

2022年6月25日現在 最高値からの騰落率

S&P500

 絶賛暴落中。投資塾のゆうさん、5%ルール点灯。買い場とのことですが、まだまだ下がると思っているので、私は買わずに様子見です。

2022年6月10日▲5%ルール点灯!!CPI・VIX・逆イールドについて – YouTube

NASDAQ100

 元機関投資家トレーダ堀江さんのチャート分析によれば、目先9600Pを目指し低下するとの予想。そこで下落が止まるかは今後の動向次第・・・まだ買う気にはなれないので、筆者はコロナ前の水準に戻ったら積立再開、十分に下がりきったと思ったら、下落トレンドが終わったらスポットする予定。


BTC

 6/25現在、高値から-62%。もうそろそろ下値が近いか。2018年バブル時、コロナバブルの入り口付近を目安にすると約180万円~200万円あたり。コロナ前に戻る(コロナ直前)ことを考えると約100万円。
 しばらく大きな上げはないと考えていますが、2024年にBTCの半減期がくるので、2022年現在から3年くらいの間には、大きな上昇が見込めると考えているので、今回の下げ相場の時に種まきしておきたいと考えています。

先進国リート

 株に比べ、コロナ後の回復が遅れていたリート。金融引き締めしても、株のようには下落しないと見込んでいたのですが、株同様に大きく暴落しています。(円安による影響で下げが抑えらえてはいますが)長期的には、株同様、上昇を続けるでしょうから、仕込み時を注視したいと考えています。

eMAXIS Slim 先進国リートインデックス

 利上げ時は値を下げる金ですが、今回は利上げにも関わらず値を上げています。ロシア、ウクライナの戦争を始め、外交問題、世界各国の中央銀行のバランスシートの状況(貨幣の希薄化)等を踏まえると、今後も金の値は上がり続けるでしょうか。今は仕込み時ではないかと考えていますが、動向を注視したいと思います。

純金上場信託(現物国内保管型) (1540)

エネルギー

 今回のコロナのように需要が大きく減少し、原油が値を下げた時が仕込み時。今回のインフレはいつまで続くのか。エネルギー株の売り時はいつか。そろそろ売り時を検討する時期だと考えています。

ドル円

 ドル円は歴史的な円安。利上げから利下げに転じる時、米国がリセッション入りする際には円高に振れると思われることから、このチャンスを逃さず、為替差益を狙いたいと考えています。

 以上、現在の状況を踏まえた戦略でした。今後も分析結果を報告するので、フォローしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました